2016/11/23 -

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014/08/19 レビュー

【商品レビュー】ARTFX+デッドプールのサンプルレビュー!

コトブキヤARTFX+デッドプール
(C)MARVEL

ついに来ましたデッドプール。ARTFX+にラインナップで画像多めなサンプルレビュー!

01.jpg

満を持しての登場ですARTFX+にデッドプール。本日より当店でもこちらでご予約受付開始となりましたが、正式案内を前に先日デコマスがお店に遊びに来たので、

02.jpg

じっくり撮影させていただきました。その画像を一気にご紹介。今回の製品はハンドパーツの付け替えで異なる表情が楽しめます。まずはお茶目なハングルーズバージョンです、ぐるっとどうぞ。

03.jpg

04.jpg

06.jpg

07.jpg

重火器に精通、武術剣術も達人級、超回復能力も備えた不死の傭兵。ボクの考えた最強の能力設定みたいな設定に加え、お調子者な性格、類い稀なるユーモア、強烈なルックス。破天荒なキャラクターが多いアメコミヒーローの中でも、群を抜いて存在感を発揮しているのがデッドプールその人。

シリアスも行けますよ、完全戦闘モードな二刀流で。

08.jpg

09.jpg

10.jpg

11.jpg

このデッドプールのベースとなっているデザインは、今回のフィギュア化に合わせた書き下ろしアート。

deadpoolimage.jpg

メーカーであるコトブキヤさまのブログ「キカクガイ」にて紹介されてますとおり描くはステファノ・カッセーリ先生。最近のコミックですとアベンジャーズ関連を中心に活躍中で、キャップやソーの代替わりなど時代の転換期を迎えたAvengersも#36から担当されるようです。

そして造形の阿部順之介氏は「RESTORE:レストア」主宰としてオリジナル作品はもちろん、数々の商業用フィギュアも世に送り出してきており、ARTFX+アイアンマンロケットラクーンデスストロークキリングジョーク版ジョーカーも同氏によるものです。

まさに最高の製作陣によるホンキのデッドプール、ご覧のとおりアクション性溢れる素晴らしい一品に仕上げられています。コスチュームの皺や筋肉の盛り具合、とことん格好よくセクシーで。

12.jpg

05.jpg

例えばマーベルユニバースを揺るがす大事件が起きたとしても、血相変えてるヒーローと一線を画し、メインストリームとは言い難いけど参加してるお祭り男。読者目線で、編集者目線で、ツッコミ入れつつボケ倒す次元を超えた存在な彼は日本での人気も留まるところを知りません。

例えば秋葉原でアメコミを販売してますブリスターコミックスというお店の2013年ベストセラー邦訳コミックは『デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス』であり、2014年上半期原書ベストセラーが『DEADPOOL ANNUAL #2』であるというのは抗いようがない事実で。

comic.jpg

まだ世間的な知名度はスパイダーマンやバットマンに劣るかもしれませんが、局地的に最も受けてるアメコミのキャラクターはデッドプールに間違いなし。過去作品の知識とか言語の壁とか、アメコミってなんだか取っ付きにくいなーという躊躇なんてモノともしないキャラクターとしての破壊力。第四のカベだけでなく、日本市場のカベも突き破りつつあり。

これまでアメコミを読んだ事がない方を引き込んできたデッドプールが、今度はアメコミ系フィギュアを買った事がない方も引き込むのでは…と、その広がりを大いに期待しつつ、絶対の自信を持っておすすめの一品です。

ご予約はこちら「 ARTFX+ デッドプール MARVEL NOW! 」から。

Edited by OHA
このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2016/11/23 -

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加


New Entries
Category
プロフィール





アメコミやハリウッド映画など独自のカルチャーストーリーを持つアイテムを軸に、"FUN & COOL"なモノをお届けします。
http://www.blister.jp/





Archives
検索
モバイル
qrcode

このblogは携帯版もあります。秋葉原方面へお出かけの際は入荷情報のチェックを忘れずに!! URLをメールで送る
+ SPONSORED LINKS